メニュー
おすすめ記事
アーカイブ

NFT事業にはどんなものがある?ビジネスモデルや参入事例を紹介

当ページのリンクには広告が含まれています。
D

NFTの事業とはどんなものがあるのか。

目次

NFT事業とは

NFT事業とは、非代替性トークン(NFT)を扱うビジネスのことです。

NFTはデジタルアートやコレクション品など、ユニークなデジタルアセットを表すブロックチェーン上のトークンです。

所有権の証明や取引が容易に行え、クリエイターは作品の売買からロイヤリティを得られます。

NFT事業はアート市場、ゲーム業界、メディアなど、さまざまな分野で展開されています。

D

様々な事業が参入・展開しているな。

NFT事業のビジネスモデル

NFT事業のビジネスモデルは主に以下のようなものがあります。

モデル
NFTマーケットプレイス

ユーザーがNFTを売買できるプラットフォームを提供し、取引手数料を収益源とします。

モデル
NFTクリエイター

オリジナルのデジタルアートやコレクション品を作成し、NFT化して販売することで収益を得ます。

モデル
NFTゲーム開発

ゲーム内アイテムやキャラクターをNFT化し、プレイヤーが購入・取引することで収益を上げます。

モデル
NFTライセンシング

企業やブランドがNFT化されたコンテンツのライセンス供与により、ロイヤリティ収入を得ます。

D

ライセンシング以外はわかりやすいしよく聞くモデルだな。

実際の参入事例

日本国内でだと以下の5つの事例が挙げられます。

事例
Sorare

ファンタジーフットボールゲームで、選手カードがNFTとして取引されます。

日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)や欧州トップリーグの選手カードも提供されており、世界中のサッカーファンに支持されています。

事例
The Blockchain Art Exchange (BAE)

日本のアーティストが参加するデジタルアートマーケットプレイスです。

アーティストが自分の作品をNFT化し、グローバルなコレクターに販売することができます。

事例
Crypton

デジタルコンテンツプロバイダーであるCryptonは人気のバーチャル歌手ミクハツネを起用したNFTをリリースしました。

このプロジェクトはファンに向けた新しいエンゲージメント方法として成功を収めています。

事例
Anique

日本のアニメやマンガの作品をNFT化して提供するプラットフォームです。

アニメ・マンガファンが限定版のNFTを購入・収集することができます。

事例
ZenMarket

日本の伝統的な工芸品や美術品をNFT化し、国内外のコレクターに販売するプラットフォームです。

ブロックチェーン技術を活用することで、透明性のある取引が可能になっています。

D

日本だと二次元コンテンツのNFT化が特に話題になりやすいな。

NFT事業に参入するメリット

NFT事業に参入するメリットとしては以下のようなものがあります。

Point
デジタルアセットの新しい市場

NFTはデジタルアートやコレクション品などの新しい市場を創造し、ビジネスチャンスを提供します。

Point
クリエイターの収益向上

NFTを活用することでクリエイターは自分の作品を直接販売し、売上やロイヤリティを得ることができます。

Point
透明性のある取引

ブロックチェーン技術によりNFTの所有権や取引履歴が透明になり、信頼性が高まります。

Point
グローバルなマーケットプレイス

インターネットを介した取引であるため、地理的な制限がなく世界中の顧客にリーチすることができます。

Point
新しいファン層の獲得

NFT市場は若い世代を中心に注目を集めており、新しいファン層の獲得につながる可能性があります。

D

企業にとっては新規開拓するチャンスだ。

NFT事業に参入するデメリットや危険性

NFT事業に参入する際のデメリットや危険性としては以下のようなものがあります。

Point
市場の未熟さ

NFT市場はまだ新しいため市場の未熟さや不確定要素が多く、将来的な市場動向が予測しにくいというリスクがあります。

Point
価格の変動性

NFTの価格は取引相手の需要と供給によって決まるため、急激な価格変動が発生することがあり、投資家にとってリスクがあるとされます。

Point
著作権侵害

NFTにはデジタルアートや音楽などのコンテンツが含まれるため、著作権侵害の可能性があります。

Point
環境問題

NFTのマイニングには多くのエネルギーが必要であり、環境問題に寄与することが指摘されています。

Point
法的規制

NFTに関する法的規制はまだ整備されておらず、市場が急速に発展する中で法的なリスクがあるとされています。

以上のようにNFT事業には未熟な市場や価格変動、著作権侵害、環境問題、法的規制など、様々なデメリットや危険性が存在します。

事業参入の際にはリスクを適切に評価し、対策を講じる必要があります。

D

投資をする上ではNFT事業の背景を知っておくことも大切だ。

  • URLをコピーしました!

こちらの記事もおすすめ

目次